ヤマトヒバリ成虫1ペア

4,000円(内税)

在庫状況 0

【鳴き声】 ギ・ギ・ギ・ギ・・・

下の左端の再生ボタンを押すと鳴き声が聴けます。

9月末から販売予定。

近畿地方産 ヤマトヒバリの♂1匹♀1匹で合計2匹です。

体長6ミリ前後の小型種で、かなり小さいです。


※産地及び採集地名はいかなる場合でもお答えできませんので、予めご了承ください。

ヤマトヒバリは暖地では2化性で、後発組の極めて若い個体です。

そのため、自然では初冬くらいまで鳴いてその後越冬し、翌年2月頃の15℃超えた日から再び鳴き始めます。
飼育下では暖かい部屋でしたら真冬でも鳴き、上手く飼えば5月くらいまで楽しめます。 

お正月にヤマトヒバリの音色を楽しむのもおつなものです。 (氷点下にならない部屋での飼育なら、ヒーター無しで飼えます)
ギ・ギ・ギ・ギ・・・・という感じの不規則なテンポで、

他の鳴く虫と少し違った雰囲気の良い声で鳴きます。

温度差で鳴き方が変わり、気温が低い時はリューリューリュー

といった感じで鳴きます。

鳴く虫通に非常に人気がある種類で、鳴く虫好きの方なら

一度、この鳴き声を聴けば、とりこになると思います。

枕元に置いて丁度良い位の、かすかな声で鳴きます。

またヤマトヒバリは、 北海道を除く全土に広く分布していますが、

生息場所を見つけるのが難しく、ほとんど販売されていない人気種です。

インターネット操作が不慣れな方や、FAX、メールが難しい方は、お電話ください。
※(ただし、自動車運転中、昆虫採集中、テレビ番組スタッフとの打ち合わせ、採集ロケ、
スタジオ収録中は電話に出れない場合がございますので、予めご了承ください)

お電話090-7495-8529
( 午前9:00〜午後5:30 平日及び土日祝日可)
FAX072-858-8773
FAX 注文用紙 ダウンロード