カヤヒバリ終齢幼虫♂1匹

2,000円(内税)

在庫状況 0

【鳴き声:リーリーリーリー】


下記左端の再生ボタンを押すと鳴き声が聴けます。






あなたのお部屋でカヤヒバリの音色を楽しみませんか!



<販売時期>。鰻鄰羹棔5月末 ■昂遏11月販売。

カヤヒバリの終齢幼虫♂1匹です。(発送時点で成虫になっている場合がありますので、予めご了承ください)


体長6ミリ前後で、キンヒバリと大変よく似ていますが、やや

細めですので、少し小さく見えます。



カヤヒバリは暖地では2化性で、現在販売中の個体はこの秋口に孵化した後発組の極めて若い個体です。

そのため、自然では初冬くらいまで鳴いてその後越冬し、翌年2月頃の15℃超えた日から再び鳴き始めます。



飼育下では暖かい部屋でしたら真冬でも鳴き、上手く飼えば6月くらいまで楽しめます。

お正月にカヤヒバリの音色を楽しむのもおつなものです。

(氷点下にならない部屋での飼育なら、ヒーター無しで飼えます)



リーリーリーと小さな声で鳴きます。 主に夜間よく鳴き、昼間も鳴きます。
気温が高い時期は、ビィービィービィー・・・・

またはジキジキジキ・・・という感じでテンポが少し早くなります。

気温が低い時と高い時、夜と昼とで鳴き方が変わるのも、本種の魅力です。

枕元に置いて丁度良い位の、かすかな鳴き声です。

キンヒバリと同じ要領で簡単に飼育できますが、キンヒバリよりも、

やや乾燥気味を好む傾向にあります。


送料は、10匹までは60サイズ、30匹までは80サイズ、それ以上は100サイズに変わります。

インターネット操作が不慣れな方や、FAX、メールが難しい方は、お電話ください。
※(ただし、自動車運転中、昆虫採集中、テレビ番組スタッフとの打ち合わせ、採集ロケ、
スタジオ収録中は電話に出れない場合がございますので、予めご了承ください)

お電話090-7495-8529
( 午前9:00〜午後5:30 平日及び土日祝日可)
FAX072-858-8773
FAX 注文用紙 ダウンロード