鳴く虫研究社
飼育方法 コオロギの仲間 カワラスズ・クマスズムシ・カネタタキ      
                   
カワラスズ                
<飼育環境>                
カワラスズはとても小さい虫ですから、普通の飼育ケースの蓋では、蓋の隙間から    
逃げられてしまいます。              
ケース本体と、蓋の間にシーツや布切れなどを挟んでください。        
市販のコバエ除けシートが便利で良いかもしれません。飼育容器の中に砂を4〜5    
センチ入れて、その上に石を置いてください。          
石の大きさは、線路の砂利石よりやや大きめから、こぶし大くらいを目安にすれば    
良いでしょう。カワラスズは石の裏に隠れて落ち着きます。        
そして、昼間は石の裏側で鳴き、夜は石の表に出てきて鳴きますので、鳴いている    
様子が観察できます。              
複数頭飼育すると、石の上で♂が鳴きながら、体を揺さぶる仕草や、♀に求愛している光景も見れます。
<エサ>                  
キュウリ、ナスなどの野菜類なら何でも食べます。野菜はこまめに交換してください。    
特に夏の高温時は傷みやすいので、毎日交換した方が良いでしょう。      
野菜を与えた場合は、野菜から水分を摂取しますので、特に霧吹きなどの水やりは不要です。  
動物質のエサを必ず与えてください。煮干し、削り節などは小さなカワラスズにとっては、  
やや硬いため、鈴虫のエサや、鳴く虫のエサなどの粉末タイプの餌の方が良いでしょう。    
動物質のエサだけで飼育する場合は、別途、水分補給が必要です。        
この場合、コケ水をお勧めいたします。            
ペットボトルの蓋などにコケを入れて水を湿らせてください。        
<注意点>                
クサヒバリ程でもありませんが、敏捷なところもあるため、世話の際は逃げられないように  
注意してください。                
カワラスズは小さい虫ですので、水は切らさないように十分注意してください。     
水を切らすとすぐに死んでしまいます。            
                   
クマスズムシ                 
<飼育環境>                
飼育頭数に合わせた大きさの飼育容器に、市販の赤玉土かピートモス、      
スズムシ用マットなどを3〜5センチ程度入れます。その上にクマスズムシ      
の隠れ家となる止まり木や、炭を入れてください。          
隠れ家を作ってやると虫を落ち着かせます。            
<エサ> 餌はキュウリ、ナスなど野菜類なら何でも食べます。        
乾燥クズの葉を好んで食べますので、与えてください。          
又、煮干し、削り節、              
野鳥飼育用すり餌、鈴虫用の餌などを与えてください。          
これら動物質の餌が無くなると、共食いが増える傾向にあります。        
野菜類を与えない場合は、コケ水を与えてください。          
ペットボトルの蓋などにコケを入れて水を湿らせます。          
小さなタッパーなどに入れても構いません。            
(野菜類を与えている場合は野菜から水分補給してますので、これらコケ水は不要です)    
                   
カネタタキ                
<飼育環境>                
カネタタキはとても小さい虫ですから、普通の飼育ケースの蓋では、蓋の隙間      
から逃げられてしまいます。              
ケース本体と、蓋の間にシーツや布切れなどを挟んでください。         
市販のコバエ除けシートが便利で良いかもしれません。          
但し、クリーンケースやコバエシャッターなどの密閉性が高い容器は避けてください。    
カネタタキは樹上性で風通しの良いところに棲んでいますので蒸れに弱い傾向があります。  
カネタタキは樹上性のため、スズムシのような土は不要です。        
飼育容器の底に新聞紙などを敷いてください。その上に、クズの葉などを入れてください。  
広葉樹の葉などでも構いません。              
これらの葉がカネタタキの隠れ家になり、虫を落ち着かせます。        
<エサ>                  
キュウリ、ナスなどの野菜類なら何でも食べます。野菜はこまめに交換してください。    
特に夏の高温時は傷みやすいので、毎日交換した方が良いでしょう。      
野菜を与えた場合は、野菜から水分を摂取しますので、特に霧吹きなどの水やりは不要です。  
動物質のエサを必ず与えてください。            
煮干し、削り節などは小さなカネタタキにとっては、やや硬いため、鈴虫のエサや、    
鳴く虫のエサなどの粉末タイプの餌の方が良いでしょう。        
動物質のエサだけで飼育する場合は、別途、水分補給が必要です。        
この場合、コケ水をお勧めいたします。            
ペットボトルの蓋などにコケを入れて水を湿らせてください。        
<注意点>                
クサヒバリ程でもありませんが、敏捷なところもあるため、世話の際は逃げられないように  
注意してください。                
また、カネタタキは小さい虫ですので、水は切らさないように十分注意してください。