キンヒバリ幼虫1匹【9月下旬〜翌年4月下旬販売・ご入金後2日以内に発送】 | コオロギの仲間 |鳴く虫研究社 | スズムシ マツムシ キリギリス 通販

サイトマップ

キンヒバリ幼虫1匹【9月下旬〜翌年4月下旬販売・ご入金後2日以内に発送】

700円(内税)

在庫状況 残り14個

購入数

【鳴き声:リッリッリッリー】 (下の左端の再生ボタンを押すと鳴き声を聴くことができます) あなたのお部屋で、キンヒバリの美しい声を楽しみませんか!  キンヒバリ幼虫1匹:キンヒバリは年2化のため年2回販売予定。
(販売期間 。暇月〜5月上旬頃まで ■昂邁悉棔鼠眷4月下旬) 幼虫から育て上げ鳴き声を楽しむのも面白いでしょう。 大きさにバラツキがありますが、現在体長3〜5ミリ前後です。
キンヒバリの幼虫5匹です。まだ小さい幼虫で、♂♀の判定が難しいため、
どちらかに、偏る可能性がございますので、あらかじめご了承願います。

(販売期間 6月〜7月上旬頃まで ■昂邁悉棔鼠眷4月下旬)
成虫で体長6〜7ミリの小さなコオロギの仲間です。キンヒバリは美声で、姿も美しい大変優れた鳴く虫です。
特に♂は美しく、光に当たると黄金色に輝きます。 キンヒバリは暖地では年2化性で、この個体はこの秋に孵化した後期個体で極めて若い個体です。 
後期個体は前期個体(6月発生)よりも寿命が長く(前期個体の約5倍の寿命)、上手く飼えば来年8月ごろまで楽しめます。
(同じキンヒバリでも前期個体や養殖もの、そしてスズムシやキリギリスなどの仲間の一般的な寿命は2〜3か月です)
2化性後期個体は他ではまず手に入らないと思います。
真冬の管理は特別なことは何も必要ありません。ヒーターなども不要ですので、
普通の飼い方で簡単に飼えます。飼育説明書付き。(トップページの飼育方法もご参考にしてください) 成虫になったら、リッリッリッリーという感じで鳴きます。他にも、少し濁った感じで
ジキジキジキ・・・と連続的に鳴いたり、チッリーと単発で高音で
鳴いたりと、多彩な鳴き声が楽しめるのもキンヒバリの魅力です。
この様に、姿も鳴き声も、大変優れた、鳴く虫ですので、古くから愛好家
の間で人気があります。
※5匹以上のご注文で、死着保証として、1匹余分に、10匹以上のご注文で2匹余分に入れて発送いたします。 送料は、15匹までは60サイズ、40匹までは80サイズ、それ以上は100サイズに変わります。

商品説明はコチラ

※「当サイトの画像、音源及び情報の無断転載を禁止します」

インターネット操作が不慣れな方や、FAX、メールが難しい方は、お電話ください。
※(ただし、自動車運転中、昆虫採集中、テレビ番組スタッフとの打ち合わせ、採集ロケ、
スタジオ収録中は電話に出れない場合がございますので、予めご了承ください)

お電話090-7495-8529
( 午前9:00〜午後5:30 平日及び土日祝日可)
FAX072-858-8773
FAX 注文用紙 ダウンロード
上へ