鳴く虫研究社のこだわり
   
1.仕入れは一切していません   
  当店の鳴く虫生体は仕入れを一切行わず、全て私が採集した個体です。   
  仕入れた個体の状態を見極めることは、なかなか難しいかもしれませんが、自分で   
  採集した個体なら安心です。   
  健康な個体をお届けするため、ご注文を頂いてから1日様子を見てから発送します。   
  少しでも状態に異変があれば発送しません。   
   
   
2.当店は、ほぼ1年中営業させていただき、真冬でも鳴く虫生体を販売しております。     
  晩秋の頃になると、徐々に虫の鳴き声が聞こえなくなってきます。   
  鳴く虫好きの方ならこれは大変寂しいものです。   
  そんなお客様のために、成虫で越冬するカヤヒバリ、キンヒバリを真冬でも販売しております。   
  1〜2月はあまり鳴きませんが暖かい部屋で飼育していて世話をした直後に鳴いたりします。   
  3月中旬頃から鳴く頻度が徐々に増えてゆき、4月に入ると普段のシーズンと変わらない   
  くらい鳴くようになります。   
  越冬個体は通常シーズン個体の倍くらい生きるのも嬉しいですね。   
  このように当店は年中鳴く虫たちの音色が楽しめるようにしております。  
 
3.足が取れた個体は発送しません
 足が取れても寿命や鳴きに影響はほぼありませんが、足が取れていると目立ちます。
 特に後ろ足が片方取れていると非常に目立ちます。 
 当店は足が取れた個体は発送しません。
(輸送中に足が欠損した場合や、符節及び触覚の多少の欠損はご容赦ください)

4.クツワムシの翅ボロボロ個体は発送しません
  クツワムシの翅がボロボロになった個体は悲惨な感じを受けるかもしれません。
  そのため、クツワムシの翅がボロボロになった個体は発送しません。
(シーズン終盤頃の翅の先端の僅かな擦れはご容赦ください)
 

インターネット操作が不慣れな方や、FAX、メールが難しい方は、お電話ください。
※(ただし、自動車運転中、昆虫採集中、テレビ番組スタッフとの打ち合わせ、採集ロケ、
スタジオ収録中は電話に出れない場合がございますので、予めご了承ください)

お電話090-7495-8529
( 午前9:00〜午後5:30 平日及び土日祝日可)
FAX072-858-8773
FAX 注文用紙 ダウンロード