スズムシ、マツムシ・キリギリス通販なら鳴く虫研究社
  • 鳴く虫の捕り方・飼い方
  • キリギリス成虫♂
  • マツムシ成虫♂

お知らせ

【テレビに出演しました!】
読売テレビのニューステンに後藤啓が少し出演しました。
4月3日オンエアされました! (放送圏・関西ローカル)

【ブログ鳴く虫日記を3月2日開設しました】
トップページ右上の「ブログ」をクリックすると見れます!

【鳴く虫研究社のFacebookを1月17日開設しました】 
当サイトのトップページの、最上部右に4っ並んでいるアイコンの左から二つ目の、
ⓕアイコンをクリックすると、鳴く虫研究社のFacebookに飛びます。
私が撮影した鳴く虫の動画や、鳴く虫の情報などが楽しめます。

見ていただいて、よければ、鳴く虫研究社のFacebookの虫かごの写真の
下にある、「いいね」ボタンをクリックお願いします!
真冬でも時々鳴いてくれる、キンヒバリ、カヤヒバリ販売中です。 これから8月くらいまで楽しめます。
初めてのお客様は、注意事項をご覧の上、ご購入お願い申し上げます。
※お探しの商品の価格や詳細を確認する場合は、その画像や商品名をクリックすると商品説明が表示され、見ることができます。

ランキング

もっと見る

おすすめ商品

もっと見る
             鳴く虫文化

日本古来の文化、鳴く虫文化の歴史は大変古く、奈良時代にさかのぼります。
当時貴族の楽しみでした。 よい鳴きの虫を選んで宮中に献上したり、虫聴き
の催しが行われておりましたが、 まだ一般庶民にまでは広がっていませんで
した。 それが江戸時代に入ってからスズムシを売る人が現れ、庶民の間で広
く鳴く虫が飼育 されるようになり、鳴く虫一大ブームが沸き起こりました。
鳴く虫はやがてマツムシ、カンタン、クサヒバリ、キンヒバリ、キリギリス、
クツワムシ などが飼われるようになりました。 そして当時既にスズムシの
人工飼育が確立され、虫を売る人も増えていきました。 天秤棒で担いで鳴く
虫を売り歩く人の服装が、段々派手になっていったため幕府が規制 する事態
になりました。
鳴く虫文化は明治時代に入ってからも衰えず、昭和に入っても続きました。
しかしその後、テレビゲームなど色んな娯楽の出現、昆虫はカブトムシや
クワガタムシに 主役が移り、鳴く虫文化は衰退してゆきました。 私が生まれ
育った大阪でも昭和50年代くらいまで梅田の百貨店の屋上のペットショップ
でスズムシ、マツムシ、クサヒバリ、キリギリスなどが売られていました。
クサヒバリは2面が網、もう2面が板で、幅8センチ、奥行き5センチ、高さ
5〜6センチ 程度の小さな飼育容器に入れて売られていましたが、売り場に
その涼しげな美しい音色が 響き渡っていました。
今となってはそんな光景も見ることができず、ホームセンターやペットショッ
プなどでスズムシが売られているくらいです。 今では一部の人の楽しみになっ
た感がある鳴く虫文化ですが、一部とはいえ続いているのは 嬉しい限りです。
この素晴らしい鳴く虫の魅力を伝え、鳴く虫文化を後世に残すことが私の夢であります。
                                  後藤啓


インターネット操作が不慣れな方や、FAX、メールが難しい方は、お電話ください。
※(ただし、自動車運転中、昆虫採集中、テレビ番組スタッフとの打ち合わせ、採集ロケ、
スタジオ収録中は電話に出れない場合がございますので、予めご了承ください)

お電話090-7495-8529
( 午前9:00〜午後5:30 平日及び土日祝日可)
FAX072-858-8773
FAX 注文用紙 ダウンロード