鳴く虫研究社
ヤブキリの飼育方法                
<飼育環境>                
ヤブキリは樹上性のため特に土などは必要ありませんので、飼育ケースの底に      
新聞紙を敷くだけでも構いません。            
鉢植えの植物を入れてあげると虫が落ち着きます。          
理想的にはクヌギ、コナラ、エノキなどが良いですが、ツユクサなどの草でも      
代用できます。                
直射日光を避けて、風通しの良い明るいところに飼育容器を置くとよいでしょう。 <エサ>  
市販のミルワームと小鳥のエサのすり餌を与えます。           
ヤブキリは肉食ですが意外とすり餌もよく食べます。          
<注意点>                
ヤブキリは水をよく飲みますので、飼育容器内に入れている植物に霧吹きをすると    
水をよく舐めますし、植物にも良いので一石二鳥です。          
コケ水を入れて置いていれば、3〜4日に1回程度の水補給でよいので便利ですが、    
時々霧吹きをしてあげれば、喜んで水を舐めます。          
                   
カヤキリの飼育方法                
<飼育環境>                
カヤキリはススキの草原に生息しておりますので、ススキの葉の付いた茎を      
入れてやると虫を、落ち着かせます。            
飼育容器に土などは特に要りません。            
全般的にキリギリスと同じように飼育できますが、          
成虫の発生期間が、わずか1ケ月強と、元々他の鳴く虫に比べると極端に短い      
こともあり、あまり長くは飼えません。            
カヤキリはキリギリスの仲間では、飼育はやや難しい方に入るでしょう。      
<エサ>                  
カヤキリは大きな顎を持っていますが、肉食ではありません。        
ススキなどのイネ科植物を自然では食べています。          
そのためススキの葉付きの茎を与えてください。          
太くてかたい茎も大きな顎で噛んで食べます。ススキが手に入らない場合はキュウリを与えてください。
キュウリをよく食べますが、あまり長くは生きません。          
やはり本来野生で食べているススキを与えるのが良いでしょう。        
また、動物質のエサも必ず与えてください。            
スズムシのエサ、こだわりの鳴く虫のエサなどが便利で良いでしょう。 これらの動物質のエサは良く食べます。